ゲシュタルトセラピーとは、
               「今・ここ」で自分に起きていることを体験(感じる、気づく)し続けること


  ゲシュタルトセラピーは、とても単純な心理療法です。「今・ここ」にい続け、自分の中で何を感じているか(感覚・感情)を感じること。
  それだけをひたすら続けるのです。ところが、「今・ここ」にいることが苦手な人がとても多く、すぐに過去や未来に心が飛んでしまいます。
  セラピスト(ファシリテーター)が一緒にいることで、それが可能になります。他のカウンセリング(心理療法)の方法より早い展開が特徴です。

 トップページ  当研究所に
ついて
 ゲシュタルト
セラピーとは
カウンセリング  トレーニング スーパー
ビジョン 

リンク

お問合せ
お申込み
 
ゲシュタルトセラピー(ゲシュタルト療法)は、ゲシュタルト心理学、精神分析、実存主義・現象学などをベースに、1950年代のアメリカでパールズ夫妻、P.グッドマンらによって開発された心理療法です。個人カウンセリングまたはグループワークショップの形で行われる「体験的・実験的・実存的アプローチ(L.パールズ)」の心理療法です。「今・ここで」の「気づき」を通じて心身の不調の癒しや自己成長を促し、自分らしく活き活きと生きること≠ニ周囲と健康的・建設的に関わる自分になること≠目指します。セラピスト(ファシリテーター)は、ワークをする人(クライエント)と「我−汝の関係(M.ブーバー)」を保ちながら関わり、その人自身が本来持つ自然治癒力や統合への流れが自発的にあふれ出る場に立ち会います。欧米では、ゲシュタルトアプローチが企業組織コンサルティングや研修、コーチングにも活用されています。
特 徴

ゲシュタルトセラピーは、カウンセリング(心理療法)の方法のひとつです。展開が比較的早いこと、「身体の声を聴く」ことが大きな特徴です。
【詳しくはここをクリック!】

歴 史 ゲシュタルトセラピーは1950年代のアメリカで、フレデリック(フリッツ)・パールズ、ローラ・パールズ、ポール・グッドマンらにによって開発された心理療法です。
【詳しくはここをクリック!】
3 「ゲシュタルト」の
意味
「ゲシュタルト」とは、形の全体像≠ニか統合された形態≠ニいう意味のドイツ語です。
【詳しくはここをクリック!】
「今・ここ」・「気づき」
  …ワークの基本
ゲシュタルトのワークは、ワークをする人の「今・ここ」の身体と心の中で何が起きているかに、ご本人が「気づく」ことだけにひたすら集中します。
【詳しくはここをクリック!】
「未完の事柄」と
「変容の逆説的な理論」
 多くの人は、過去のある瞬間に刺さってしまい、今もうずき続ける心の中のトゲ≠抱えているものです。それが「未完の事柄」です。〔「変容の逆説的な理論(A. Beisser)」の全文はこちら
【詳しくはここをクリック!】

『受容的な』ゲシュタルトセラピーの特徴
 「今・ここ」「気づき」  「今・ここ」で、自分に起きていることを体験し、気づき続けるセラピー。「実存的・実験的・体験的」なセラピー(ローラ・パールズ)」
 ことばより身体  ことばで語られることより、身体が語ることに耳を傾ける。
役割をとらない   「先生」「クライエント」などの役割をとらず、一人の人≠ヌうし、「我−汝」でいる。
思考≠謔閾感じること  感じること≠ニは感覚と感情。思考≠ヘ「今・ここ」の自分を体験することではない。
 分析・解釈をしない  ありのままの自分を感じ、体験し、気づき続けることに集中。分析・解釈・解説はしない。
 操作・誘導はしない  ワークする人をファシリテーター(カウンセラー)が、善意であっても操作・誘導をしない。
 早い  感情・感覚に直接働きかけるので、他の療法とくらべ展開が早い。
 全体としての人  人は一つの全体であり、それ以上に分割できない。心と身体も分割できない一つの存在。
 無理をしない  ワークする人が、安全・安心を感じながら自分を見つめる場を提供。やらせ≠ヘしない。
 「変容の逆説的な理論」  なりたい自分≠ノなろうとするのではなく、ありのままの自分を体験することで変化が起きる。
「場の理論」   一つの原因があって一つの結果としての問題が起きるのではなく、様々な原因が重なった場のプロセスとして問題が起きると考える。「私は場の中にいる」と共に「場を構成する一部」でもある。内側の自分≠ニ外の世界≠ェ創造的な関係を持つ。
 
 
わかりやすい入門書。(2012,ナカニシヤ出版)

DVD2枚組。ゲシュタルト療法の理論と夢のワークの実際を丁寧に解説。
(2011,チーム医療)

DVD+CD。ゲシュタルト療法理論とワークの実際(2013,チーム医療)







c 2016, Gestalt Institute Inc. All rights reserved.